月曜日, 12月 21, 2015

2015.12.21 Three ways to put sound Regular

2015.12.21 Three ways to put sound Regular
でも本当は音を入れる方法というか、音を出す方法としての3つめ。
内部からのオシレーター、基準信号についての追記。

土曜日, 9月 26, 2015

2015.9.26 The rehearsal and the meeting are important Advanced

2015.9.26 The rehearsal and the meeting are important Advanced


2015.9.23 Console Mix Internal Mix Regular

2015.9.23 Console Mix Internal Mix Regular

音響を学び始める時に、このDigital時代であっても、Analog Consoleから覚え始めることが望ましいと考えて早何年でしょう。

確かに、ProToolsを台頭とするDAWも、Live Soundに置けるDigital Consoleも、Analog Mixing Consoleの模倣が多く採用されています。
ただ、Mixerでは録音できないし、OutBoardのProcessingも出来ない。

先日友人の演奏家が驚いていたことがある。もう既にphysicalなFaderやtoggleの無い録音は一般的で、この時代に見合った学び方がを探してみます。

幸いに、ProToolsに備わっていない機能(Head AmpやToggle類)も、全く必要がないわけではなく、場合によってはAnalog Outbordでしか得られない音や操作感もあるわけです。

そして、音の入口と出口のTransducerは、未だにMicrophoneと、Speakerだ。


水曜日, 6月 17, 2015

2015.6.16 Direct Box On Sound Making Basic

2015.6.16 Direct Box On Sound Making Basic

・Passive TypeとActive Typeの大きな違い
・検電ドライバーを利用した実験(人間は電気を通すのか?)
・DI 3種盛り、聴き比べ
a:BOSS DI-1
b:Contry Mann Type 85
c:ART dPDb
d:Brent Averil1272 DIR IN


金曜日, 5月 08, 2015

<番外編>Pro ToolsとMacのショートカットと覚え書き

<番外編>Pro ToolsとMacのショートカットと覚え書き
2015.05.08 PT11に向けて続々更新します。

Macの何が解りにくいって、Finderなど各アプリ共通で使える、キーについて。
省略した記号が解りにくすぎるからこれどうぞ。


そして、Winにはない、文章入力の為の補助機能これ。
複数の項目を選択=Comand+クリック
文章の行頭へ=Shift+↑ 文章の行末へ=Shift+↓

ファイルの保存時、デスクトップを選択するには=Comand+D

画面の保存PrintScreen(Hard Copy)のショートカットについて。
画面全体を保存するには?
Command+Shift+3
画面を範囲を指定して保存するには?
Command+Shift+4で、カーソルがでてくるので範囲をして離す。
特定のウインドウの画面を保存するには?
Command+Shift+4のあとに、Spaceを押す→保存したいウインドウをクリック。

PTのショートカットについて、比較的使用頻度の高い順に書いて行こうと思います。
そのまえに、キーボードフォーカスがONになっているか確認


PTショートカットいろいろ自分の覚え書き。
キー一発でのショートカットの前に、キーを2つ組み合わせて使うショートカットを先に覚えよう。

01:『tab』=次のリージョンへ移動
02:『option+tab』=前のリージョンへ移動
03:『shift+tab』=次のリージョンの切れ目までを選択

04:『Command』+『@』でタイムラインの幅拡大(全体Wide)
05:『Command』+『[』でタイムラインの幅縮小(細部Zoom)

06:『Command』+『Shift』+『@』で波形の高さ拡大
07:『Command』+『Shift』+『[』で波形の高さ縮小

08:『F6』『F7』『F8』全部押しで、トリマーグラバーセレクターどれでもいける。
スマートツール便利なやつ。波形の端で、Fadeもできる。
09:ズームプリセット呼び出しキーボード上部の数字が対応
Wide『1』『2』『3』『4』『5』Zoomにしておく。
『Shift』押しながら、まるい数字をオス。


11:ナッジ
編集モードに関わらず、指定した分だけを『+』『-』キーで増減
指定は、編集画面中央上部カウンター下の、ナッジング
12:トラックネームを、Enter押さずに移動
『Command』+『↑又は↓』

13:全てのTruckのAssign変更=Option押しながら、Assign選ぶ
14:グループ内の複数TruckのAssign変更=Shift+Option押しながら。
15:複数TruckのAssignを順番に変更=Shift+Option+Comand押しながら。
16:Truckの出力を複数選ぶ時=Control+押しながらAssignする。

31:『A』=リージョンのカーソル左側削除
32:『S』=リージョンのカーソル右側削除
33:『D』=リージョンのカーソル左側フェードイン
34:『G』=リージョンのカーソル右側フェードアウト

35:STOP押したときのカーソルの位置が、『N』START位置に戻る
36:STOP押したときのカーソルの位置が、『M』STOP位置でとまる
37:プラグインのウインドウを複数あけるとき、『Shift』+『プラグイン』をClick

38:リージョンを検索= Comand+Shift+F
39:リージョンをファイルとしてエクスポート= Comand+Shift+K